登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 May 2012 

新聞:ベルバトフ、パリへ移籍か

ベルバトフ、PSGへの移籍の噂
ディミタール・ベルバトフ
のパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されている。ベルバトフは先発出場の機会を失っており、ユナイテッドからの移籍を希望している。アレックス・ファーガソン監督は、ベルバトフをボルシア・ドルトムントに在籍するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを1400万ポンド(約18億円)で獲得するための交換要員として考えていたが、ベルバトフはパリ・サンジェルマンのカルロ・アンチェロッティ監督との面談を選択した。ベルバトフはアンチェロッティ監督を尊敬しており、またアンチェロッティ監督もベルバトフの経験が来シーズンのチャンピオンズリーグで力を発揮すると考えているようだ。カタールの大企業がオーナーであるパリ・サンジェルマンは資金が潤沢にあり、予想される移籍金700万ポンド(約9億円)も問題なく支払えるとされている他、週給9万ポンド(約1100万円)とされるベルバトフの給料も問題にはならず、獲得のためには昇給も視野に入れているとされている。ベルバトフは昨シーズン、先発はわずか5試合に終わっており、ユナイテッドでの日々は終わったと感じているようだ。また、ベルバトフの代理人エミール・ダンチェフ氏も、「本人はチャンピオンズリーグでのプレーを希望しているため、パリ・サンジェルマンの話には興味を持っている」とコメントしている。
ジェレミー・クロス記者、デイリースター紙

他の移籍の噂として、『デイリーメール』紙は、「ユナイテッドは香川真司獲得に向けて移籍金を1300万ポンド(約16億円)に上乗せした」と報道している。ボルシア・ドルトムントに所属する香川はユナイテッドへの移籍が噂されており、今月初めにファーガソン監督と面談したことを明らかにしている。

また、『テレグラフ』紙はガリー・ネヴィルがイングランド代表コーチとして良い印象をチームに与えたとしている。ネヴィルは昨日行われた初練習に参加したが、DFジョレオン・レスコットは、「彼は選手1人ずつ個別にメッセージを伝え、アドバイスを送ってくれたし、長年に渡る経験を語ってくれた。素晴らしい補強だと思うよ」とネヴィルの参加を喜んでいる。

【関連記事】
移籍の噂:2012年5月下旬