登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 March 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:リオに中国からオファー

ファーディナンドとランパードに週給 25 万ポンド
中国スーパーリーグ所属の貴州人和足球倶楽部(きしゅう-じんわ)が、リオ・ファーディナンドとチェルシーのフランク・ランパード獲得のため、週給25万ポンド(約3300万円)というオファーを提示した。同チームの会長を務めるグオリン・ワンは『サン』紙の取材を受け、「われわれは中国に世界のベストプレーヤーを招致したい。今後ベストな選手獲得のため、資金を用意する準備も出来ている。中国でもプレミアリーグの人気は高く、ファーディナンドとランパードも高く評価されている」とコメント。また、同じく中国の上海申花聨盛足球倶楽部(しゃんはい-しんか-れんじょうーそっきゅうくらぶ)もランパードのチームメートであるディディエ・ドログバの獲得を希望。そして更にレアル・マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督にも週給30万ポンド(約3980万円)のオファーを提示したが、こちらは即断られたという。ファーディナンドとの代理人ピニ・ザハビは過去に何人もの選手を中国リーグのチームと契約させた実績を持っており、「中国は自分達のやりたいことを実行するだけの力を持っている。中国でフットボールはビッグビジネスに成長しているし、ベストな選手、そして指導者を集めたいようだ」と語っている。
サン紙

『デイリーメール』紙では、アレックス・ファーガソン監督が、ラーヨ・バジェカーノに所属する20歳MFのミチュ視察のため、弟のマーティン・ファーガソンをスペインに送ったと報道。またユナイテッドはリールの右SBマチュー・ドゥビュシー、そしてインテルのストライカー、レアンドロ・ダミアンを獲得候補に入れていると伝えた。

そして『ミラー』紙は、4月下旬に行われるシティーとの直接対決に関して、ジョニー・エヴァンスが「優勝を決める大一番」と話したコメントを掲載。
「凄い雰囲気の中での試合になるだろうし、勝った方が一気に勢いがつくと思う。優勝を決める大一番になるだろうね。僕らもシティーも直接対決までに勝ち点を取りこぼす可能性はあるけれど、勝てば優勝に大きく前進する」

ページ 1 / 2 次へ »