登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 March 2012 

新聞:ヴィツェル獲得に関心

ユナイテッドがヴィツェルに注目
アレックス・ファーガソン
監督は27日(火)の夜に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝、チェルシー対ベンフィカの第1戦を観戦。ファーガソン監督はベルギー人MFのアクセル・ヴィツェルに強い関心を示していると伝えられている。2000万ポンド(約26億4000万円)を超えると評価される23歳のヴィツェルは、昨年7月に5年契約でスタンダール・リエージュからベンフィカに移籍した。2009年のアンデルレヒトとの試合中に、マルチン・ヴァシレフスキの足首にタックルを当て骨折させてしまったヴィツェルは殺害の脅迫を受けている。
タイムス紙

『サン』紙では、マイケル・オーウェンのコメントを掲載。ライアン・ギグスの様に30代後半までプレーを続ける可能性を否定されたオウェーンだが、あと2、3年はトップレベルでプレー出来ると主張した。「体力的にも問題ないし、精神的にもプレーに意欲的だ。あと2、3年は続けられると思っている。膝やアキレス腱の痛みに不安を抱える選手もいるけど僕はそんな経験もないしね。負傷中の僕が言うのは変かもしれないけど、調子はとても良いよ」

『ミラー』紙を含む多くの新聞で、リオ・ファーディナンドがフルアム戦で途中交代した理由を伝えた。「背中に張りを感じたから大事を取っただけだ。だけど今は全く問題はない」とファーディナンドはコメント。他にも、正念場となるこの時期に、勝利の為に大切なものが何かユナイテッドはよく理解していると語った。「俺達はいつだって落ち着いてプレーしチャンスを作る事が出来る。それを分かっていればパニックを起こすこともないよ」

【関連記事】
新聞:快方に向かうフレッチ