登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 March 2012 

新聞:快方に向かうフレッチ

完治に向け気合十分のフレッチャー
内臓疾患により昨年の11月から欠場を続けているダレン・フレッチャーが完治に向け治療に集中している。
27歳のフレッチャーは、「まだトレーニングに復帰できる状態ではないけれど、メディカルスタッフの助言に耳を傾けて、適切な判断を取っているところ。僕の中では来シーズン中の復帰に集中しているからね。とにかく今は適切な判断が重要で、しばらくは試合やトレーニングから離れた生活を送っているんだ。その上で完璧な状態に体調を戻して復帰したい」と現状を説明している。ポール・スコールズが現役復帰を果たした1月以降、フレッチャーはスコールズの代役としてコーチングスタッフの役割を担っている。
スコットランド出身のMFは病と戦うため、常に前向きな姿勢を保つと固く誓っている。
「どういう状態になるか予測不可能な病気だけれど、とにかく気持ちを強く持つこと、治ると信じることを忘れないようにしている。ポジティブシンキングってやつさ。スコットランド、それにマンチェスターのファンから大きなサポートをもらっているし、ベストな状態に体調を戻したい」
サン紙

同様に『サン』紙では、GKのアンデルス・リンデゴーアが今シーズン中プレーしない可能性があると報道。リンデゴーアは足首の靭帯を損傷し欠場を続けている。

その他では各紙共に26日(月)のフルアム戦の結果についてページを割いた中、『テレグラフ』紙では、今シーズン最終戦で対戦するサンダーランド(アウェー)が、ユナイテッドファンに1700枚のチケットしか用意しないと報道。優勝を決める大きな一戦となる可能性があるだけに、地元のユナイテッドサポーター協会は、1000枚単位でチケットが足らないとして抗議している。

【関連記事】
ユナイテッド 1-0 フルアム