登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 March 2012 

新聞:デ・ヘアに必要な肉体改造

デ・ヘアに必要なのは筋力強化によるバルクアップ
今シーズンからバークレイズ・プレミアリーグでプレーしているダビド・デ・ヘアに対し、アレックス・ファーガソン監督は、空中戦でのコンタクトプレーに対応する為、肉体改造が必要であると認めた。21歳のデ・ヘアは、昨シーズンまでプレーしたリーガ・エスパニョーラとプレミアリーグの違いに戸惑い、特に空中戦でハイボールを競った際に倒される傾向が見られる。空中戦が得意なエキスパートは、線の細さが相手にとっては与し易い要因になっていると指摘。現在ユナイテッドのコンディショニングスタッフは、デ・ヘアに付きっきりでハードなウェイトトレーニングを行っているという。
監督は、「彼(デ・ヘア)は非常に才能に溢れた選手で、閃光のように俊敏。ただ、線が細いままではイングランドで成功するのは難しい。ジムでウェイトを熱心にやっているというし、もし柔軟性とスピードを落とさずに筋力を増加させられれば、今以上のGKになれる」と語っている。
イアン・ラディマン記者、デイリーメール紙

『ミラー』紙は、トム・クレヴァリーがEURO2012イングランド代表に選出されるのを目標にしていると話したコメントを掲載。クレヴァリーは負傷により、2月29日(水)に行われたオランダとの親善試合に出場できなかった。
「自分にとっては不運だったけれど、今からシーズン終了までにフォームを取り戻せば、代表にも選出してもらえると思っている」と、クレヴァリーは初選出への意気込みを語っている。

今節トッテナム戦を前に、ジョニー・エヴァンスは『マンチェスター・イブニングニュース』の取材に答え、敵地ホワイト・ハート・レーンで勝利し、スパーズ(トッテナムの愛称)を優勝争いから脱落させてみせるとコメント。
「アウェーでは非常に難しい相手だけれど、もしチームが勝てば、彼らの優勝はなくなる」

【関連記事】
ルーニー「冷静にプレーしていく」