登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 March 2012 

新聞:ベルバトフが1年の契約延長

ベルバトフがユナイテッドとの契約延長に同意か
ユナイテッドは長引いた決断の末、今月にもディミタール・ベルバトフとの契約を来シーズン終わりまで延長すると伝えられた。31歳のストライカーの現在の契約は今年の夏までとなっているが、契約終了前であれば、ユナイテッドに1年間の契約延長の権利がある。ユナイテッドは今月中にこの契約延長オプションを行使する予定であり、他のクラブへの移籍がない限り、ベルバトフは2013年の6月までアレックス・ファーガソン監督の元でプレーを続けることになる。まだ契約延長にサインはされていないようだが、ファーガソン監督は先週のアヤックス戦前に、「契約を延長することは正式に決めている」とコメントしており、契約延長オプションを行使すると考えられる。
イアン・ハーバート記者、インディペンデント紙

『デイリー・メール』紙では、29日(水)にウェンブリーで行われたイングランド対オランダの代表戦で、懸命なパフォーマンスを見せたダニー・ウェルベックをマーティン・キーオンが称賛したと伝えた。元アーセナルのDFはコラムの中で「ウェルベックはほとんどの競り合いでボールを維持し、ストライカーとしての実力を証明した。プレミアリーグの選手の中でも一目置くべき選手だろう」と評価した。

『マンチェスター・イブニングニュース』紙は、29日(水)にManUtd.comでも伝えられた通り、クリス・スモーリングが代表戦で頭部を負傷したことにより、4日(日)のトッテナム戦への出場が懸念されると伝えた。

【関連記事】
代表選でスモーリングが負傷