登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 June 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ナーニ、イングランドを心配

ウェイン・ルーニーの出場停止でイングランド代表ピンチ
サン紙はEURO2012の開幕に先駆けて、ポルトガル代表ナーニとの独占インタビューを敢行。大会について、そしてイングランド代表にいるチームメートについて語ってもらった。25歳のナーニは、「イングランド代表にとってウェイン・ルーニーは中心選手だから、彼抜きの2試合は厳しすぎるだろうね。ルーニー本人も自分がゴールを決めるべき選手だってことを知っているから、チームの役に立てない自分に苛立っているよ。イングランド代表には是非とも決勝トーナメントに進出して欲しいと思うけど、簡単じゃないだろうな。ルーニー、リオ・ファーディナンドフランク・ランパードギャレス・バリー抜きのイングランド代表は、全てのポジションにおいて苦しい状況だから狙われやすい。怪我人でチームがボロボロの状態だから、最大限の努力をしないといけないね。でもダニー・ウェルベックは相手の守備陣を破壊できる可能性を持っている。あいつは今年凄い勢いで成長したし、ユナイテッドでの自分の位置を勝ち取ったからね」とコメントしている。
ジェフ・スウィート記者、サン紙

ファーディナンドがイングランド代表から落選したことに関しても依然として様々なニュースが伝えられている。ミラー紙は、ロイ・ホジソン監督がファーディナンドに対し、この先の代表復帰の可能性はまだあると告げたとしている一方、デイリーメール紙は、イングランド代表の複数の選手がファーディナンドの代表引退の意思を支持していると伝えている。

また、リールからチェルシーへの移籍が決定した後初めてとなるエデン・アザールのインタビューが各紙を飾っている。デイリーテレグラフ紙のインタビューでは、「僕はイングランドでプレーしたいと常々思ってきた。チェルシーとユナイテッドのどちらにしようかと悩んだけど、個人的にはチェルシーに未来を感じた。僕は両クラブ、そして両監督とも話をしたよ。でも僕は毎年チャンピオンズリーグで戦いたい。だからチェルシーがチャンピオンズリーグで優勝した時に、自分に対して『チェルシーにしよう。このチームは若いし、プレーするチャンスも多いはずだ』って言い聞かせたんだ」とコメントしている。

ページ 1 / 2 次へ »