登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 June 2012 

新聞:キャリック代表復帰を検討

キャリックが代表復帰を検討か?
マイケル・キャリックがイングランド代表復帰を検討。これにより、将来的にロイ・ホジソン代表監督がユナイテッドMFを招集するべきという意見も出ているようだ。キャリックは今年はじめにイングランド・サッカー協会(FA)に対し、ファビオ・カペッロ前代表監督からの招集には応じないと伝えていた為、EURO2012に出場するイングランド代表には選出されなかった。30歳のキャリックは、4年続いたカペッロ時代で僅か7試合にしか出場しておらず、南アフリカワールドカップの際も、ベンチ選手として出場機会を与えられなかった。しかし、ホジソン監督と面会した後、緊急的な招集に応じる可能性を示唆。ホジソン監督はフランク・ランパードの代役としてリヴァプールのジョーダン・ヘンダーソンを招集した。代表では通算22試合に出場しているキャリックは、最近アキレス腱の治療を受けたばかりだが、負傷自体は軽傷で、ホジソン監督からの招集があれば、EURO2012にも出場可能とみられている。
マーク・オグデン記者、デイリーテレグラフ紙

『サン』紙では、元ユナイテッドGKのピーター・シュマイケルが親善大使としてクラブに復帰すると報道。『デイリーメール』紙では、今夏大型補強をすると予想されるチェルシーが、近日中にもユナイテッド移籍に合意するとみられているクルー・アレクサンドルのニック・パウエルを横取りする可能性を示唆した。また同紙では、欧州王者がポルトのストライカー、フッキ獲得間近とも伝えている。

【関連記事】
新聞:再びモドリッチ獲得へ