登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
31 July 2012 

新聞:QPRがベルバ獲得を検討

QPR 500 万ポンド(約 6 1300 万円)でベルバ獲得を希望
QPRがディミタール・ベルバトフ獲得に向け、近日中にユナイテッドにオファーを提示する準備を進めている。昨シーズン最終節で降格を免れたQPRは、今夏チームの大改造に着手。ユナイテッドは今年2月にチームオプションを行使し、ベルバトフと1年500万ポンドという契約を締結。31歳のブルガリア人ストライカーも、レギュラーとしての出場機会を求めており、オールド・トラッフォードを離れることを希望。ガラタサライも獲得を希望したが、昨日オファー提示を取り止めた。QPRはベルバトフ以外にも、既に7選手を獲得しており、その中にはボビー・ザモラとジブリル・シセの控えとして起用される見込みのアンドリュー・ジョンソンも含まれている。
グレイ・ジェイコブ記者、タイムス紙

『サン』紙では、ユナイテッドとシボレーが7年のパート―ナーシップ契約を締結したことを伝えた。同社は2014-15シーズンからユニホームスポンサーになる。
また多くの紙面では、イングランド・サッカー協会(FA)がリオ・ファーディナンドを問責したと報じた。ファーディナンドはツイッター上で不適切なコメントを掲載したとされ、8月2日(木)の16:00(日本時間3日午前0時)までに何らかの回答をすることになっている。

【関連記事】
シボレー、ユナイテッドと7年契約