登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
04 July 2012 

新聞:ナーニは残留を希望

ナーニは残留を強く希望
ナーニはユナイテッドとの契約更新を今後2週間で決めたいと願っている。移籍金2500万ポンド(約31億2000万円)と推定されるポルトガル人ウィンガーは、クラブとの交渉が破談した今、放出の危機を恐れている。25歳のナーニはチーム残留を強く希望しているが、クラブ側が同じように考えているかはわかっていない。ナーニの代理人は昨シーズン終盤からチームとの交渉を続け、『サンスポート』紙では、今年の5月にチームが現在9万ポンド(約1112万円)とされる週給を増額したオファーを提示する準備が整ったと伝えた。しかし、クラブが検討していた3万から4万ポンド(約374万円から500万円)の上乗せ以上を要求したようで、ユナイテッドは交渉をストップさせた模様。ナーニ側は要求額をすぐに下げたものの、未だに交渉は進んでいない。EURO2012に出場したナーニは、3週間ほど休養を取っているが、まだクラブからは何の連絡も無く、南アフリカ、中国を訪問するプレシーズンツアーにも参加しない予定。ポルトガル出身のスター選手は、チームCEOのデイヴィッド・ギル、アレックス・ファーガソン監督らが12日間のツアーに出発する前に契約をまとめたいと考えている。
ニール・カスティス記者、サン紙

多くの紙面では、昨日MUTVのインタビューで監督が明かしたディミタール・ベルバトフの残留、そしてポール・ポグバのユヴェントス移籍を取り上げた。

『ミラー』紙では、31歳のベルバトフはオールド・トラッフォードから離れたいながらも、相当額の年棒カットを受け入れる準備が出来ていないと伝えた。

【関連記事】
ベルバトフ、ユナイテッドに残留