登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 July 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:サンパウロと合意?

多々ますます弁ず!
MFルーカス・モウラの獲得を狙うユナイテッドと、現所属先のサンパウロが、移籍金2600万ポンド(約31億5000万円)で合意に達した。アレックス・ファーガソン監督は、チームオーナーのグレーザー家から資金捻出の許可を取り、19歳のワンダーボーイ獲得に向け舵を切った。ブラジル代表としてロンドン五輪に出場するモウラは、英国代表との調整試合に途中出場ながらも出場。チーム間で合意にたった為、あとは本人が提示されるオファーに首を縦に振るかだけとなった。インテル、チェルシーもモウラ獲得には関心を示していたが、高額な移籍金がネックとなり手を引いている。モウラの移籍が実現すれば、イングランドでプレーする為に労働許可証の取得が必要となるが、高額な移籍金が生じる為、類稀な才能を持つ者が取得出来る、スペシャルタレント・ビザが発行されるとみられている。近日中にメディカルチェックを受ける流れが理想的だが、ブラジル代表は金メダル候補にもなっている為、遅れるとされている。
デイリーミラー紙

複数の紙面では、マイケル・キャリックがイングランド代表復帰を前向きに検討していると報じた。EURO2012の出場を辞退したキャリックは、ロイ・ホジソン監督から招集されれば「検討する」とコメントし、「僕の年齢で、しかも(ファビオ)カペッロ監督の下でプレーしなかったのはもったいなかったかもしれないけれど、それが自分の決断だったから」と話したという。

『サン』紙は、アーセナルがロビン・ファン・ペルシーの移籍問題について、近日中に決断を下すとみている。ファン・ペルシーはチームのプレシーズンツアーに帯同しておらず、アーセン・ヴェンゲル監督は次のようにコメント。
「彼(ファン・ペルシー)とは1年契約が残っている。移籍を要求しているが、われわれは彼に残留してもらいたいと願っている。しかしながら、クラブにとってベストな決断を下すことになるだろう。それがどういう意味かは、皆がそれぞれ考えれば良い。移籍市場は8月31日に閉鎖となるが、チーム内では、ある程度の期限を設けることになるだろう」

ページ 1 / 2 次へ »