登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
17 July 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ルーカス獲得に新たな問題

ルーカス獲得に新たな問題
ユナイテッドのルーカス・モウラ獲得は、サンパウロ側が移籍金を3400万ポンド(約44億2000万円)に値上げする可能性があるため、新たな問題に直面しそうだ。アレックス・ファーガソン監督は、攻撃力の高いルーカスの獲得を熱望しており、契約を結ぶためにチーフスカウトのジム・ロウラーを先週ブラジルへ送っていた。現在サンパウロは、約3000万ポンド(約39億円)を提示しており、2350万ポンド(約30億5500万円)をクラブ側に、そしてサンパウロとルーカスとの間で結ばれている契約から、提示額の20%である600万ポンド(7億8000万円)程度がルーカス側に支払われる予定だったが、8月1日にルーカス側がサンパウロとの契約を更改し、比率が30%に上がり、サンパウロ側がクラブの取り分を削減することを拒否したため、全体の金額が400万ポンド(約5億2000万円)値上がりすることが予想されている。
ジョン・エドワーズ記者、デイリーメール紙

『デイリーミラー』紙は、ディミタール・ベルバトフがウェストハムへローン移籍する可能性を報じている。ウェストハムのサム・アラーダイス監督は、もしリヴァプールのアンディ・キャロルの獲得に失敗した場合、ベルバトフの獲得に動くことが予想されている。

『タイムズ』紙は、ウェイン・ルーニーがUEFA最優秀選手の候補として選ばれたと報じている。イギリス国内でプレーする選手は全部で12人が候補として選出されている。

『デイリーテレグラフ』紙は、ライアン・ギグスがオリンピック開催期間中にロジャー・フェデラーと会いたがっていると告白した記事を掲載している。またギグスは同記事内で、「英国代表の他の選手が、私が同じ経験をこの先数週間に渡ってしてもらえたらと思っている。英国代表が1回限りで終わらなければ良いと思っている。この先のオリンピックでも英国代表としての参加できれば良いね」とコメントしている。

ページ 1 / 2 次へ »