登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 January 2012 

新聞:ルーニーも欠場か!?

ルーニーも欠場か!?
28日(土)にリヴァプールとFAカップ4回戦を戦うユナイテッドは、トップストライカーのウェイン・ルーニー抜きで戦わなければならない可能性が浮上。ルーニーは先週末のアーセナル戦で足首を負傷し、今週は1度も練習に参加していない。アレックス・ファーガソン監督は、出来れば金曜日(27日)の練習にルーニーが参加することを期待していると、前日会見でコメント。ユナイテッドはルーニーの他にも、ナーニが足首の靭帯を損傷し、最長で2ヶ月の欠場になると伝えられた。また、同じくアーセナル戦で足首を負傷したフィル・ジョーンズも、当初はリヴァプール戦には間に合うとみられていたが、ここにきてプレー出来るか微妙。そして、背中の負傷を抱えるリオ・ファーディナンドも出場が微妙と言われている。
ニール・カスティス記者、サン紙

その他の主要紙でもルーニー情報が掲載された。そんな中、リヴァプールのスティーヴン・ジェラードが、ピッチ上ではプロとして振る舞うべきと発言したことを『デイリー・テレグラフ』、『ガーディアン』、『デイリー・スター』紙が報道。
また、ミッドウィークの試合(カーリングカップ)でシティーに勝利したリヴァプールのディルク・カイトが、「ユナイテッドにも勝ってマンチェスターを本拠地とするチームからダブル(2連勝)を挙げる」と意気込んでいると伝えられた。そしてアンデルソンは、アンフィールドで注目される主将のパトリス・エヴラを擁護するという記事も見られた。

『デイリーメール』紙では、長年のライバル関係にあるユナイテッドとリヴァプールの知られざる逸話を紹介。名将ビル・シャンキーボビー・チャールトン獲得を狙っていたというエピソードや、ファーガソン監督が、ヒルズボロの悲劇で亡くなったファンを支援する団体に寄付をしていたという話を掲載した。

【関連記事】
新聞:負傷に苦しむナーニ