登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 January 2012 

新聞:仰天プラン発覚!?

ファーガソン監督がランパード獲得を熱望
突如として、アレックス・ファーガソン監督がチェルシーのフランク・ランパード獲得という仰天プランを実行しようとしている。
ランパードもオールド・トラッフォードへの移籍についてまんざらでもない様子らしく、ユナイテッドにとっては、何よりも現在首位を走るシティーとの差を広げないようにする為の大補強プランと言える。
監督は33歳のランパードを常に高く評価しており、1人の選手としても尊敬の念を示してきた。週給14万ポンド(約1670万円)を超えるランパードを獲得する為には、ユナイテッド首脳陣を説得する必要があり、最大の障壁は、オーナーのグレイザー一家の借入金問題だ。また、過去何度となくリーグ優勝を争ってきたチェルシーを納得させられるかどうかという問題も残されたまま。
しかしながら、それでも監督は、ランパードの代理人が示唆したとされる本人の移籍希望を聞き、オファーを提示することを検討し始めたと言われている。
イアン・ラディマン記者、デイリーメール紙

同紙では、マメ・ビラム・ディウフが、先日QPRへローン移籍したフェデリコ・マケーダと同様に、自身の能力を証明するため、ウィガンへのローン移籍を希望したと報じた。

『ガーディアン』紙は、アンデルソンマイケル・キャリックトム・クレヴァリーらがシーズン終了までプレー出来る状態になれば、1月に戦力を補強する必要は無いと主張。連日のように噂される補強プランは、ブラックバーンとニューカッスルに連敗を喫したためとしている。

【関連記事】
ランパード獲得プランを完全否定