登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 January 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:プレーを続けるギグス

アレックス・ファーガソン監督は、ウェールズ代表の監督にライアン・ギグスを就任させることを拒否したと報じられた。
ライアン・ギグス
をウェールズ代表の監督に任命したいというFAW(ウェールズサッカー協会)のアプローチを、アレックス・ファーガソン監督は拒否したと報じられた。FAWはユナイテッドのレジェンドをガリー・スピード監督の後任者として考えており、非常勤での任務も提案したが、ファーガソン監督はこの打診を認めなかった。38歳となったギグスだが、選手としてのキャリアに集中することをユナイテッドは望んでいるようだ。オールド・トラッフォードで1年の契約延長がギグスにオファーされると明らかになった事に対し、FAWの関係者は「ライアンは当然ガリーの後を引き継ぐと考えられていた。しかしファーガソン監督には即刻拒否されてしまった。ガリーの築いた基礎を受け継ぐと期待されていただけに、非常に残念だ。非常勤監督という提案も認めてはもらえなかった」とコメント。
スタッフレポーター、デイリー・ミラー紙

『デイリー・メール』紙では、オリンピアコスのDF、ヴァシリス・トロシディスの獲得に、ユナイテッドが18カ月も前から関心を寄せていると伝えられた。

『デイリー・エクスプレス』紙は、アンフィールドで行われるFAカップ4回戦を前に、長年のライバルであるユナイテッドとリヴァプールの両者に、クラブの義務としてファン達の間で高まる緊張感を取り除くようFA(イングランドサッカー協会)から警告が出されるだろうと主張した。

『テレグラフ』紙では、ユナイテッドのレジェンド、エリック・カントナが、フランスの大統領に立候補しようと目論んでいると報じられた。

ページ 1 / 2 次へ »