登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 January 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:デ・ヘアが眼科手術を予定

ダビド・デ・ヘアが眼科手術を必要としていると報じられた。
才能に溢れているがミスも目立ち、ユナイテッドでアップダウンの激しい初シーズンを送っているダビド・デ・ヘアは、視力の問題に悩まされており、シーズンの終わりにレーザー手術を受ける必要があると伝えられている。デ・ヘアは遠視であり、プレー中はコンタクトレンズを着用している。ユナイテッドはトレーニンググラウンドにフルタイムの検眼医を雇用しており、デ・ヘアはミスを避けファーストチョイスGKで在り続ける為にも、視力を正常まで回復させる治療を勧められているようだ。生まれてからほとんどの期間を眼鏡を掛けて過ごしてきたデ・ヘアは、アトレティコ・マドリーでプレーしていた昨年3月にレーザー手術を予定していた。しかし安定した処方が必要な為、少なくとも後1年は待たなくてはならないと、アトレティコ・マドリーのメディカルスタッフは判断。夏に1830万ポンド(約21億9100万円)の移籍金で契約にサインしたユナイテッドも、これについては承知していた。21歳のデ・ヘアはクラブにとって素晴らしいGKとなり、それだけ価値のある選手だと証明してくれるだろうとユナイテッドは強い期待を抱いている。必要とされる4日間の休養が取れる6月に手術は予定されており、その後はオリンピックのスペイン代表に招集されることが期待されている。ユーロ2012にはイケル・カシージャスぺぺ・レイナ、そしてビクトル・バルデスが有力候補の為、デ・ヘアは出場しないと予測される。
ダニエル・タイラー記者、ガーディアン紙

『インディペンデント』紙では、ラヴェル・モリソンとの契約にユナイテッドが出した1200万ポンド(約14億3700万円)のオファーに対し、モリソンの代理人は週3万ポンド(約360万円)を要求していることが伝えられた。最近ではローマもモリソンに興味を示しているようだ。

『タイムス』紙では、22日(日)のユナイテッド対アーセナル戦が、アメリカの地上波で初めて生放送されるバークレイズプレミアリーグの試合となると伝えられた。

ページ 1 / 2 次へ »