登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 February 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:監督がハンセンに反論

ハンセンがユナイテッドを批判
BBCのサッカー評論家のアラン・ハンセンは、ユナイテッドは1年半程前から調子を落としているとコメントしており、アレックス・ファーガソン監督はこの主張を激しく非難したと伝えられた。元リヴァプールのDFは1995‐96シーズンのスタートに、「子供の様な選手ばかりではタイトルなど何も獲得できない」と予測。ユナイテッドはこの予想を大きく裏切る結果を残し、ハンセンは冷笑を買った。1986年、ハンセンがCBでプレーしていたスコットランド代表は、ファーガソン監督の指揮の元にワールドカップでグループリーグ敗退。それ以来2人の間には冷ややかな関係が続いている。31日(火)のストーク戦の前に、ハンセンがホストを務めるTV番組の中でユナイテッドを批判したことについて、ファーガソン監督は次のようにコメント。「我々がここ1年半良いプレーが出来ていないとか、ハンセンがまた何か言っているようだね。何年か前に若手選手だけじゃ何のタイトルも取れないとコメントしていたが、それと一緒だろう。当時若手だったライアン・ギグスポール・スコールズデイヴィッド・ベッカム、そしてガリー・ネヴィル等の優秀な選手達を批判して、卵を投げ付けられる様な目に合ったのを覚えているだろう」
サン紙

ストークに2‐0で快勝したユナイテッドと並んで、エヴァートンに敗北し大きな犠牲を払ったシティーのニュースが伝えられた。元ユナイテッドのダロン・ギブソンがゴールを挙げエヴァートンが勝利し、勝ち点を逃したシティーはユナイテッドと首位に並んだ。これについて『サン』紙は「ダロンの日!ユナイテッドから放出された見返りをファギー(ファーガソン監督の愛称)に」と皮肉を込めたヘッドラインを掲載。『デイリー・メール』紙はウェイン・ルーニーの「良くやったギブソン」というツイートを掲載した。

『デイリー・ミラー』紙は、ウェストハムに放出された問題児のラヴェル・モリソン、そしてシティーから引きぬいた期待の若手であるフレデリック・ヴェセリについて報道。1月のトランスファーウィンドウは不平と共に締め切られたと伝えた。

ページ 1 / 2 次へ »