登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 February 2012 

新聞:後継者はギグス?

監督もギグスの監督就任を支持
アレックス・ファーガソン監督は、自身の後継者として、ライアン・ギグスを後押しすると話している。監督して20年以上もの間ユナイテッドを率いてきた監督は、指導者としての経験は無いものの、ギグスの特性と能力を高く評価。イングランドで最も要求されることが多い役職に、元ウェールズ代表が適任としている。
突如浮上したギグスの監督就任という案は、先日契約を延長したばかりの本人にとっても寝耳に水な話だろう。現在、ファーガソン監督の後継者候補として名前が挙がっているのは、ジョゼ・モウリーニョ、ジョゼップ・グアルディオラ、デイヴィッド・モイーズ、マーティン・オニール等、世界でも名立たる面子ばかり。最終的にはチームオーナーのグレイザー一家の決断に委ねられ、現時点ではギグスは候補者には含まれていないだろうが、監督の一声で一躍トップ候補となる可能性もある。
ポール・ケルソ記者、テレグラフ紙

多数の紙面でもギグスの監督就任案が掲載されたが、試合前日にアムステルダムでの会見で、監督がパトリス・エヴラに休養を与えたニュースも大きく取り上げられた。

『デイリーメール』紙では、アヤックスのクリスティアン・エリクセンとの独占インタビューを掲載。エリクセンは、「ドローの結果を見た瞬間、対戦を避けたいチームと試合をすることになって気落ちした。でも、今はユナイテッドとの対戦に興奮している」と語った。

同紙では、ユナイテッドが第2のハビエル・エルナンデスとも言われている、ティグレス所属の20歳で、U-20メキシコ代表にも選出されている、アラン・プリドの調査を続けていると報じた。

【関連記事】
アヤックス戦メンバー発表