登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 February 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ベルバ代表復帰を示唆

ベルバが代表復帰か!?
『インディペンデント』紙によれば、ディミタール・ベルバトフがブルガリア代表への復帰を示唆したという。ベルバトフは昨日、キャリントンでの新スポンサー発表会見での取材に応じ、「召集があれば復帰も考えるよ。いつだって電話の電源はオンにしているしね。それなのに誰も僕とコンタクトを取ろうとしない。リュボスラフ・ペネフ監督とは、会ったこともないし話もしたことがないけどね」とコメント。
これに対しペネフ監督はdariknews.bgに対し「(ベルバトフの反応は)代表復帰にポジティブなサインだと思っている。既に今週中に彼と面会する予定を入れた。確実に言えることは、ブルガリア代表にとって彼が必要な選手ということ」と話した。
またベルバトフは、出場時間の増加を求めつつ、近日中にユナイテッドとの契約延長に合意することも示唆した。

『マンチェスターイブニングニュース』を含む複数の新聞では、アレックス・ファーガソン監督の人種差別に関するコメントを掲載。
「この問題に関しては、もし本当ならば何らかの対策が必要になるかもしれない。人種差別は決して許せるような行為ではないからだ。最近ではいくつか差別が見られるケースもあった。2012年ということを考えると、本当に信じられない気分になる。20年前ならばあからさまに差別が見られたが、それからは諸々改善が見られた。私は才能に恵まれた黒人選手をチームに集めてきたが、全員ユナイテッドでのプレーを満喫してくれているし、私自身も彼らと良好な関係を築けている」

昨シーズン終了後に現役を引退したエドウィン・ファン・デル・サールは、『Voetbal International』のインタビューに応じ、正GKとして大きな期待を背負うダビド・デ・ヘアに対し、ユナイテッドのNo.1を背負うからにはプレッシャーに打ち勝たないといけないと伝えたという。
また『デイリーミラー』紙では、シティーがベンフィカのニコラス・ガイタンの獲得を検討中と報道。チャンピオンズリーグ(グループステージ)で同組だったユナイテッドも、ガイタンの獲得には関心を持っている。

ページ 1 / 2 次へ »