登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
17 December 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:RvPはユナイテッドのメッシ

オニールはファン・ペルシーをメッシと比較
今夏ユナイテッドに移籍したロビン・ファン・ペルシーを称賛する声は止まない。それどころか、ユナイテッドが3-1で下したサンダーランドのマーティン・オニール監督は、2200万ポンド(約29億8000万円)で移籍したオランダ人ストライカーを、バルセロナのリオネル・メッシと比較。元アーセナル主将にとっても、これ以上はないほど新天地ユナイテッドで順風満帆なキャリアを送っている。ブラックキャッツ(サンダーランドの愛称)戦でも先制ゴールを決め、今シーズン通算15ゴールを記録。もはやユナイテッドにとっては欠かせない存在となり、ライバルのシティー、そしてプレミアリーグ優勝を目指す他チームの希望を打ち砕く存在ともなった。アレックス・ファーガソン監督は、ファン・ペルシーと他の選手の連携には成長の余地があると指摘しているが、オニール監督は、バルセロナがメッシの存在により何シーズンも受けている恩恵に近いものをユナイテッドは持っていると話す。「ファン・ペルシーと同等のクラスの選手がいれば、常に勝利する可能性は高くなる。仮にバルセロナがメッシ抜きで試合をしたら、今と同じ結果を得られるだろうか? メッシのゴール数は尋常ではないレベル。バルセロナには優秀なタレントが揃っているが、メッシ抜きでは絶対的とは言えない。彼は欠かせない存在だからね。ファン・ペルシーはゴールを決められるが、ユナイテッドには彼の他にもエリア内で仕事が出来る選手は多い。だが、彼は違いを生み出すことが出来る」
マーティン・ブラックバーン記者、サン紙

『マンチェスター・イブニングニューズ』では、ユナイテッドが選手に対し、サンダーランド戦前に行われたシティー対ニューカッスルの試合を見ることを禁じていたと報道。地元紙には、ユナイテッド公式サイトで紹介されたフィル・ジョーンズクリス・スモーリング、ファーガソン監督のコメントが掲載された。

その他、17日(月)日付の地元紙のオンライン版には、先週土曜日(15日)に行われた選手だけのクリスマスパーティーで、ファン・ペルシーと香川真司がカラオケを披露した映像が公開された。

ページ 1 / 2 次へ »