登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
11 December 2012 

新聞:エヴラ、優勝に向けて警戒

エヴラ:優勝を逃したら全選手解雇されるべき
パトリス・エヴラ
は今シーズン、2年連続でリードを守れずに優勝を逃すようなことがあれば、アレックス・ファーガソン監督は選手を解雇すべきだと、チームメイトに対して激を飛ばした。シティー戦を3-2で劇的な勝利で乗り切ったユナイテッドは現在2位シティーに勝ち点差6をつけて首位に立っている。しかし、アンデルソンがハムストリングスを負傷しており、復帰まで6週間から8週間かかると見られていることから、ユナイテッドはこの先アンデルソン抜きでの戦いを強いられる予定で、また昨シーズンは一時2位シティーに対し勝ち点差8をつけたが最終的に並ばれ、得失点差で優勝を逃していることもあり、エヴラはまだ先は長いとしながらも、再び優勝を逃すようなことは許されないとした。エヴラは、「再び優勝を逃したら、ファーガソン監督は全選手を解雇すると思う。冗談で言っているわけじゃない。ファンや選手、全ての人にとって優勝を逃すことは冗談では済まされない。まだ先は長いにしろ、現時点で勝ち点差6をつけているんだからね。今はとにかくサンダーランド戦に向けて準備をしなければならない」とコメントしている。
ジェームズ・ダッカー記者、タイム紙

『デイリーメール』紙では、1月の移籍市場でアーセナルがユナイテッドからナーニを獲得するのではないかと報じている。ナーニは契約延長を巡ってファーガソン監督と対立しており、現時点で戦力として考えられていないと報じられている。一方アーセン・ヴェンゲル監督はチャンピオンズリーグとプレミアリーグに向けて戦力の充実を狙っていると報じられている。

また『マンチェスター・イブニング・ニュース』紙ではエヴラが1月にPSGへ移籍するのではという噂を否定するコメントを発表している。エヴラは、「僕をPSGへ連れていきたいのならば、まずファーガソン監督を殺さないといけないね」とコメントし、「今は何もないよ。僕はユナイテッドで満足している」と続けている。

【関連記事】
ロビン「勝利の為なら何でもやる」