登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
29 August 2012 

新聞:リオの復帰はウィガン戦から

リオの復帰は延期
鼠径部の負傷により欠場を続けているリオ・ファーディナンドの復帰が、来週末の代表ウィーク明けにずれ込むことが判明。人員不足のユナイテッドCBが安定するのは、どうやら先送りになりそうだ。
アレックス・ファーガソン監督は、先日ファーディナンドの復帰は最短で今週末のサウサンプトン戦になると話していたが、そのプランは変更され、現時点での最短復帰は、9月15日(土)のウィガン戦(ホーム)になるという。ジョニー・エヴァンスは前節フルアム戦(3-2で勝利)のベンチに顔を並べていた為、セント・メリーズ(サウサンプトン本拠地)でネマニャ・ヴィディッチとコンビを組む可能性もある。復帰が遅れているファーディナンドは、足の負傷で欠場中のクリス・スモーリング、そして背中の負傷で出遅れているフィル・ジョーンズと共に、CBとして監督のファーストチョイスとなっているだけに、早期復帰が待たれる。
ジェイミー・ジャクソン記者、ガーディアン紙

『サン』紙ではディミタール・ベルバトフのフィオレンティーナ移籍が秒読みに入ったとした一方、『ミラー』紙では、ユナイテッドが来夏にウェイン・ルーニーを放出する準備を始めたと報じた。

同じく『ミラー』紙は、ナーニが移籍金2200万ポンド(約27億3000万円)でゼニトに移籍する可能性があると伝えている。

【関連記事】
キャリック、クレヴァリーを称賛