登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
13 August 2012 

新聞:RVP獲得に向け増額へ

RVP 獲得に向け提示額増額
アレックス・ファーガソン監督は、アーセナルのロビン・ファン・ペルシー獲得の為、提示する移籍金を1500万ポンド(約18億3000万円)から2000万ポンド(約24億5000万円)へ増額する準備を整えた。現時点では交渉は行き詰まっているが、ファン・ペルシー自身は移籍を希望。既にオールド・トラッフォードへ移る気持ちを固めたとみられている。しかしアーセン・ヴェンゲル監督は、プレミアリーグのライバルにエースストライカーを売ることに難色を示しており、ユヴェントスへの放出を優先したい意向の様子。ファーガソン監督はアーセナルの出方にフラストレーションを溜めているものの、2000万ポンドを提示すれば、相手の頑なな姿勢も変わると考えており、新シーズン開幕までに移籍が成立するよう期待している。
ジェイムス・ロブソン記者、マンチェスターイヴニングニューズ紙

『サン』紙では、ファン・ペルシーがケルンとの親善試合でファンからブーイングを受けたと報道。残り20分からピッチに立ったファン・ペルシーには、1500人を超えるアーセナルファンからブーイングや野次が飛ばされた。ヴェンゲル監督は試合後、「ファン・ペルシーについて報告できることは何も無い。ファンも彼の残留を希望しているわけで、だからこそ感情的にもなる。現時点で彼はチームの選手なわけで、はっきりとしていないことは嘘になるから言えない。チームの総意としては残留してもらいたいということ。これ以上は何も決まっていないわけで、何も答えられない」と語った。

【関連記事】
ルーニー「仕上がってきた」