登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 August 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:RVPの次はカカー!?

ユナイテッドがカカーをローンで獲得か?
レアル・マドリーのカカーに対し、ユナイテッドがシーズンを通してのローン移籍を打診したことが判明。マドリーはルカ・モドリッチ獲得の準備をしているところで、カカー獲得にはガラタサライ、そして古巣ACミランも名乗りを挙げているという。最も好条件を提示しているユナイテッドだが、アレックス・ファーガソン監督は真剣に獲得を検討しつつ、30歳になったカカーの健康状態を懸念。先週末に移籍が完了したロビン・ファン・ペルシーを、開幕戦のエヴァートン戦ではベンチスタートとする見込みのユナイテッドは、20日(月)フィテッセから左SBのアレクサンダー・ビュットネル(23)を390万ポンド(約4億8700万円)で獲得したとされている。尚、リオ・ファーディナンドは、そけい部の負傷によりグッディソン・パークでの開幕戦を欠場。監督はディミタール・ベルバトフをサンダーランドに放出する案を検討しているが、その他にチームを去る選手はいないとみられている。
カカーはバレンシアとの開幕戦で起用されず、チームは1-1のドローに終わった。マドリーはシャビ・アロンソ、アンへル・ディ・マリア、ラサナ・ディアラ、メズート・エジルを先発に起用。カカーはチーム内だけではなく、ブラジル代表でも居場所を失っている。ドイツ代表のサミ・ケディラはポジション争いに絡む余地があり、仮にトッテナムから3000万ポンド(約37億5000万円)でモドリッチの獲得に成功すれば、カカーの出場機会は更に激減する。
ニール・アストン、クリス・ウィーラー記者、デイリーメール紙

『サン』紙でも、ユナイテッドがフィテッセからビュットネルを400万ポンド(約5億円)で獲得したと報道。オランダサッカー協会に移籍成立を強く要望したビュットネルは、念願のオールド・トラッフォードへの移籍を完了したとされている。

『ミラー』紙は、エヴァートンのスティーブン・ピーナールが開幕戦のことしか眼中にないと語り、ユナイテッドを挑発したという記事を掲載。その他移籍関連情報としては、今夏ユナイテッドを退団したマイケル・オーウェンが、トフィーズ(エヴァートンの愛称)に移籍する可能性が伝えられた。

ページ 1 / 2 次へ »