登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 August 2012 

新聞:ベルバトフの移籍に暗雲?

ルーニーの負傷で、ベルバトフの移籍が白紙?
ユナイテッドは、ディミタール・ベルバトフをフィオレンティーナに移籍させる前にウェイン・ルーニーの怪我の状態を確認するだろう。フィオレンティーナは移籍金約500万ポンド(約6億5000万円)でベルバトフを獲得するつもりだが、アレックス・ファーガソン監督の予想通りルーニーの怪我が1カ月以上になる場合は、移籍は白紙に戻る可能性がある。ルーニーが先週末のフルアム戦でウーゴ・ロダジェガと接触して負った裂傷は深刻なもので、全身麻酔での手術となった。そして筋肉部に損傷がある場合、チームの状況はより苦しくなることが予想されるからだ。しかしながら、フィオレンティーナはベルバトフに対し2年間で約320万ポンド(約4億2千万円)の給料を提示しており、獲得に自信を見せている。主にカップ戦のみの出場でも不満をもらさなかったマイケル・オーウェンとは異なり、ベルバトフは出場回数が減ることを望んでいないが、ルーニーが離脱したとしても現在のユナイテッドにおいてベルバトフは4人目のストライカーという位置づけであり、また移籍させれば、ユナイテッド側は約400万ポンド(約5億2000万円)と言われる給料をカットできることになるのでどうなるかは現時点では不明だ。
インディペンデント紙

ルーニーの負傷を受け、『ミラー』紙は本ホームページ上のハビエル・エルナンデスのインタビュー記事から、「 このチームの良い所は、ビッグクラブで色々な大会に出場するから、試合数も多い」という内容を抜粋した。また『サン』紙は、ルーニーはたとえ怪我から復帰しても、ユナイテッドの選手としての将来は保証されないとし、移籍金5000万ポンド(65億円)と噂されるルーニーが移籍する場合、候補はシティーだけだろうと予想している。

【関連記事】
新聞:ルーニー重傷、2カ月の離脱