登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 April 2012 

新聞:白旗を上げ続けるマンチーニ

マンチーニ「ユナイテッドの優勝に賭けるべき」
シティーのロベルト・マンチーニ監督は、ウルヴズ(ウォルヴァーハンプトン)に勝利し、ユナイテッドがエヴァートンと引き分けた為、次節ダービー前に勝ち点差を3に縮めたが、未だに優勝はユナイテッドと語っている。ちょうど1週間後の30日(月)、ユナイテッドはエティハドに乗り込み事実上の優勝決定戦を戦う。仮にシティーが勝てば、勝ち点差はなくなり、得失点差により首位に返り咲く状況にあるものの、マンチーニ監督は「私ならユナイテッドに賭ける。100%ね」と諦めモード。ちなみにマンチーニ監督はマインドゲームを仕掛けていないと明言している。
「1チームだけが優勝出来る。われわれはユナイテッドと勝ち点差3としているが、ダービーの後はチャンピオンズリーグ出場権を争っているニューカッスル、そして残留争いをしているQPRと対戦する。私が思うに、ユナイテッドは今のような状況下での試合に慣れている。ところが、われわれにとっては初めての体験だ。今は優勝の可能性が無いからプレッシャーを感じていないだけ。優勝は不可能だ。おそらくダービーでも負ける。1週間前の時点で優勝争いは終わったとメディアは書いていたわけだしね」
デイヴ・アーミテージ記者、デイリースター紙

シティーGKのジョー・ハートはダービー決戦前に次のようにコメント。
「日曜日(22日)の試合前と比べて格段にチャンスはある。今シーズンは結果を残す為に集中してきたし、大きなチャンスが目の前にある。興奮しているし、準備は整っている。ゴールを決めて勝ちたい」

各紙共にダービーへのカウントダウンとしてアレックス・ファーガソン監督のコメントを引用。監督はエヴァートン戦後、「私が経験してきたダービーの中で最も重大な一戦になる」と語った。

【関連記事】
ダービーに備える監督