登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
11 April 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:最優秀GKも狙えるデ・ヘア

デ・ヘアが狙うゴールデンフィニッシュ
アレックス・ファーガソン監督は、シーズン開幕からしばらく批判が集中したGKダビド・デ・ヘアを擁護し続けてきた。そしてシーズンもクライマックスに差し掛かるこの時期、リーグ優勝に加えて個人タイトル獲得も見えてきたデ・ヘアをサポートしている。ユナイテッドは既に2位シティーとの勝ち点差を8に広げた為、リーグ優勝の可能性は極めて高いものの、21歳のデ・ヘアは年間最優秀GKに贈られるゴールデングラブ獲得レースでも、シティーGKのジョー・ハートを猛追している。
クリーンシートでの勝利に最も多く貢献したGKに贈られるタイトルレースで首位を走るハートだが、デ・ヘアはあと3試合クリーンシートに抑えればハートに並ぶ。シティーはリーグ戦直近5試合で失点を許しているが、デ・ヘアは3月4日のトッテナム戦でジャメイン・デフォーにゴールを許して以降、時間にして7時間と33分もの間無失点に抑えている。
監督は「最近のダビドはファンタスティック。自信に溢れているし、試合を重ねるごとに状態が上がっている」、「シーズン序盤は対応に苦しみ判断を誤ったこともあった。しかし、21歳という年齢を考えれば許容出来る」と、デ・ヘアへ信頼を寄せている。
ニール・ジョンソン記者、デイリースター紙

『スター』紙では、シティーのロベルト・マンチーニ監督が選手に対しての発言内容を掲載。マンチーニ監督は「絶対にわれわれのグラウンドでユナイテッドに優勝を決めさせるな」と語ったと言う。両チームは今月30日(月)に対戦する。

『デイリーメール』紙では、シティーDFのマイカ・リチャーズが、ユナイテッドがブラックバーンに勝利した瞬間、泣きたくなったと認めたという記事を掲載した。

更に多くの紙面では、前節アーセナル戦でアレックス・ソングを危険なスライディングで止めたマリオ・バロテッリに対し、イングランドサッカー協会(FA)が何の処分も科さなかった点を批判している。

ページ 1 / 2 次へ »