登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
13 April 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:EUROにスコールズ招集?

イングランド代表にポールの力は必要!
ポール・スコールズが今シーズン終了後に開催されるEUROにイングランド代表として出場するよう強く求められている。スコールズが復帰を果たした今年の1月以降ユナイテッドは調子を取り戻し、遂にはリーグ首位に浮上。リーグ優勝を狙えるポジションにつけているが、同じような影響をイングランド代表に与えてくれると周囲は期待している。
チームメートであるフィル・ジョーンズクリス・スモーリングもスコールズの代表復帰を希望。ベテランMFが8年ぶりとなる代表復帰を決断するかどうかに注目が集まっている。
ジョーンズは、「ポールとは彼の引退試合の時に初めて一緒にプレーした。彼の技術は信じられないくらい高い。足が磁石のようで、ボールを吸い寄せる。常にボールの周辺にいるし、受け手でもある。それに必ず誰かのサポート役として控えてくれているんだ。基礎的な技術も相当に高いしね。彼がEUROに出場する代表メンバーに選ばれても驚きはしない。きっとチームに与えた影響と同じような効果を代表でも発揮してくれるはず。それだけ稀有な存在だし、シーズン終了後には代表復帰を求めるオファーが殺到するかもしれないね。好調を維持しているし、誰が代表の監督になろうとも、絶対に欲しい選手だと思う」と語り、スコールズの代表復帰を希望している。
リチャード・タナー記者、デイリーエクスプレス紙

『デイリーメール』紙では、ユヴェントスへの移籍がほぼ決まっているとみられていたポール・ポグバが、一転してユナイテッド残留の可能性も残されていると報道。ポグバにはユヴェントスから週給2万ポンド(約257万円)の4年契約を提示されているとされているが、代理人によれば、「ユナイテッドに残る可能性もある。若い彼にとっては非常に難しい決断になるだろう。今後のキャリアを考えての決断になるだろうが、どちらのチームでも相応のチャンスはあるだろうから」と答えている。

また『デイリーミラー』紙では他の移籍情報を掲載。ユヴェントスがネマニャ・ヴィディッチ、そしてチェルシーのフェルナンド・トーレスの獲得を検討していると伝えた。ユヴェントスは来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権をほぼ手中に収めている為、アントニオ・コンテ監督にはシーズンオフ中に大金を投じての補強が認められているとされている。

ページ 1 / 2 次へ »