登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 September 2011 

新聞:ルーニーの目標は世界一

「ルーニーは世界トップの選手になりたいと思っている」
ウェイン・ルーニーは、昨シーズン大スランプを経験した選手とは思えない程、今シーズンは開幕からトップフォームを維持している。その好調ぶりは、チームメートのパトリス・エヴラも賞賛している程。
「誰の目から見ても、プレーに飢えているのがわかると思うよ。昨シーズンは彼自身が問題を抱えていて、それがプレーに良い影響を与えなかった。今はトップフォームを取り戻して、とにかく世界に自分の実力を示したいんだと思う。彼は世界でもトップクラスの、真のプロフェッショナル。彼本人も世界一のプレーヤーになりたいんだろうし、その為にも、今までのような状態をキープしていかないとね」
ルーニーは、プレミアリーグ史上4人目となる、2試合連続ハットトリックを達成した。
ニール・カスティス記者、サン紙

各紙では、ボルトン戦でケヴィン・デイヴィスから悪質なタックルを受け靭帯を負傷したトム・クレヴァリーの容態についての記事を掲載。ManUtd.comでは、4週間の離脱を発表した。『デイリースター』紙では、デイヴィスの妻エマが、夫がクレヴァリーに謝罪の電話をしたことを明らかにしたと報じた。
「夫はクレヴァリー選手がけがをしたと聞いて、すぐに謝罪の電話を本人に入れていました。彼は決して誰かを傷つけるようなタイプの選手ではありません」

『ガーディアン』紙では、コラム内で成長著しいアンデルソンの活躍を絶賛。ユナイテッドの中盤として良い影響をチームに与えていると形容した。

【関連記事】
ボルトン 0-5 ユナイテッド