登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 September 2011 

新聞:スモーリング、RBにも適応

クリス・スモーリングはイングランド代表でのポジションについて、右SBでプレーすることにはまだ完全には慣れていないが、この新しい挑戦を喜んでいるとのこと。
ファビオ・カペッロはブルガリア戦でスモーリングを右SBでイングランド代表デビューさせることを決定。更に明日のウェールズ戦でも同ポジションで起用するつもりだ。本職はCBのスモーリングは「今シーズン右SBでプレーしたのは数回だけど、監督が与えてくれた役目をうまくこなせて良かった。」とコメント。素晴らしいキャリアを楽しんでいるようだと伝えられた。
ジョン・クロス記者、ミラー紙

更に同紙では、2日(金)のブルガリア戦で2得点を挙げたルーニーは、つま先を負傷したものの、6日(火)のウェールズ戦に向けコンディションに問題はないと報じている。

『インディペンデント』紙では、ユナイテッドのレジェンド、デニス・ローのインタビューを掲載。シティでのプレー経験もあるローは、今シーズンのプレミア・リーグは、マンチェスター・ユナイテッドとシティの優勝争いになるだろうと断言。「マンチェスターにとってエキサイティングなシーズンになるだろう。」とコメントした。

他、多くの新聞ではギャリー・ネヴィルの自伝書について連載している。

『スター』紙によると、ユナイテッドがアーセナルに8‐2で圧勝後、ルーニーはアーセナルのファンであるピアース・モーガンに1度しかツイートを送っていないとのこと。

【関連記事】
ルーニーがブルガリア戦で2得点