登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 September 2011 

新聞:大幅なメンバーチェンジ

アレックス・ファーガソン監督は、今シーズン開幕から出場機会に恵まれていないディミタール・ベルバトフを20日(火)のリーズ戦(カーリングカップ)に出場させることを示唆。がしかし、現在のユナイテッドが見せる速いスピードでのフットボールには適応しないスタイルの持ち主なため、恐らく先発FWにはマイケル・オーウェンフェデリコ・マケーダが起用されるとみられている。
クリス・スモーリングが鼠蹊部(そけいぶ)の負傷で2週間チームを離れることが決定したため、右SBにはアントニオ・バレンシアが起用される見込み。また、監督が昨日ほのめかしたようにポール・ポグバ(MF)のシニアデビューも実現するだろう。また、アンデルス・リンデゴーアを先発GKとして出場させ、ダビド・デ・ヘアには休養を与えると予想されている。
マーク・オグデン記者、デイリーテレグラフ紙

『インディペンデント』紙では同じくリーズ戦の出場選手予想を掲載。ポグバの他にマイケル&ウィリアムのキーン兄弟という若い力、そしてライアン・ギグスの経験を中盤に盛り込むだろうと報じた。

『デイリースター』紙では、元ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャールが、ブラックバーン監督に就任しないと報道。スールシャールは現在ノルウェーのモルデFKで監督を務め、国内リーグの優勝を目指している。モルデの関係者によれば、スールシャールとの契約は残り2年半で双方合意しているという。

【関連記事】
ポグバ、リーズ戦でデビューか!?