登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 September 2011 

新聞:今が旬な選手ナーニ

ロナウドの影に影響されることはもうない
おそらく多くの人間が、選手による昨シーズンの最優秀選手賞をナーニが受賞したという事実を忘れているのではないだろうか。ナーニ自身も観衆から支持を集められていない現実を理解しているかもしれないが、ウィンガーとして確実に成長を続けるポルトガル代表と比較し、同程度のレベルにある選手を探すのは非常に難しい。
常々同じくポルトガル出身のクリスチアーノ・ロナウドと比較されるナーニだが、もうそんな影に悩まされる必要はない。ナーニは自身の力で今の立ち位置を確固たるものにしたのだから。意外にも知られていないが、データ上、ユナイテッドデビューからの100試合(リーグ戦)で決めたゴール、アシスト数の合計で言うと、52-31とナーニが上回っている。
ダニエル・テイラー記者、ガーディアン紙

複数の新聞では、チェルシー戦でハビエル・エルナンデスに危険なタックルを仕掛けたアシュリー・コールに対し、アレックス・ファーガソン監督が主審を務めたフィル・ダウドの裁定に困惑という記事が掲載された。

また『テレグラフ』紙では、チェルシー戦を欠場したリオ・ファーディナンドについて触れられ、監督も負傷しがちのファーディナンドの状態を懸念し、フィル・ジョーンズを獲得したと伝えられた。

【関連記事】
ナーニ「ユナイテッドは最強だ」