登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
15 September 2011 

新聞:頼れる男ギグス

最多出場者が監督を救った
アウェーでのベンフィカ戦で1-1とドローに持ち込んだユナイテッド。14日(水)の試合でヒーローとなったのは、同点ゴールを記録したライアン・ギグスに他ならないだろう。
チームを救った得点により、ギグスはチャンピオンズリーグ史上最多となる16シーズンでゴールを記録した選手となった。キャリア17年の大ベテランは、同大会で最年長ゴール、そして今シーズン初ゴールを欧州の大舞台で決めてみせ、アレックス・ファーガソン監督からも絶賛された。
「素晴らしいゴールだった。試合序盤は相当引いていたように見えたが、相手陣内では脅威となる」
ギグスはオスカル・カルドーソに先制点を決められた後の42分、ボックス点前から同点ゴールを決め、ペースを乱し始めていたチームを落ち着かせた。
監督は「序盤は大分慎重になっていたが、ライアンがゴールを決めてからチーム状態が改善した」と功労者を称えた。
ニール・カスティス記者、サン紙

各紙ユナイテッド対ベンフィカの記事を大々的に取り上げた中、『メール』紙は、18日(日)に対戦するチェルシーのブラニスラフ・イヴァノヴィッチ(DF)がライバルの連勝を止めると意気込んでいる様子をコメントと共に伝えた。
「ユナイテッドは開幕ダッシュに成功したようだけれど、昨シーズンは僕らもそうだった。相手はチームとして成長したとは思う。ただ、こちらにも彼らを抑えるだけのアイディアはある。開幕して間もないけど、当面最大の難関になるだろうね。100%以上の力を出して勝ちたい」

『サン』紙では、バーンリーがポール・ポグバのレンタルに関心を示していると報道。現時点でユナイテッドが応じるかはわかっていないが、いずれにせよ来週行われるカーリングカップ4回戦(リーズ戦)後になるとみられている。

【関連記事】
ベンフィカ 1-1 ユナイテッド