登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 September 2011 

新聞:かつての勝者達

5 月に 19 回目のタイトルを獲得しレコードを記録したマンチェスター・ユナイテッド。 11 6 日にはアレックス・ファーガソン監督の就任 25 周年記念となる。
ファーガソン監督はイングランドのトップリーグ(プレミアリーグ及び、プレミアリーグ創設前のフットボールリーグ・ディビジョン1)で優勝した健在している10人の監督のうちの1人であり、その功績は同世代の3人と比べてみても長期にわたり、称賛に値する。デイヴ・マッカイとロン・サンダースはすでに引退。ケニー・ダルグリッシュ、アーセン・ヴェンゲル、そしてジョゼ・モウリーニョは現役で活躍しており、カルロ・アンチェロッティは次の監督就任に向け準備中。ファーガソン監督より若く、早い時期に成功しているハワード・ケンダル、ジョージ・グラハム、そしてハワード・ウィルキンソンの3人だが、監督業を退いてからすでに10年以上になる。
ロブ・バウチ記者、カーディアン紙

『タイム』紙を含むすべての新聞では3‐3で引き分けに終わったバーゼル戦について報じ、トニー・カスカリノのディフェンスの欠点についてのコメントを掲載している。
『サン』紙では「バーゼル戦での失敗」という予想通りのヘッドラインを掲載した。

【関連記事】
監督「最悪の事態も想定した」