登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
09 September 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:デイヴィスからの挑戦状

デイヴィスがユナイテッド DF を調査
ボルトンのケヴィン・デイヴィスは昨日、10日(土)ホームゲームで対戦するユナイテッドのフィル・ジョーンズ(DF)、ダビド・デ・ヘア(GK)に対し、激しい接触プレーも厭わない姿勢を明らかにし、挑発した。
ユナイテッドは開幕からの4連勝を狙い、バークレイズ・プレミアリーグの首位キープを狙うが、アレックス・ファーガソン監督率いるイレブンは、心身ともに周到な準備をするよう、オーウェン・コイル監督(ボルトン)が指揮を執るチームに警告されている。中でもデイヴィスは、19歳のジョーンズが本当に屈強なフィジカルを持っているかを試したいと意気込んでいるという。
「こうしたシチュエーションは好きでね。ジョーンズは良い選手だけど、まだ若い。だから、どの程度やれるか試してみてたくてね。きっと何本かクロスも上がるだろうし、そこでテストさせてもらう。昨シーズンも彼とは対戦して、非常に当たりに強い奴だったのは覚えている。だから楽しみで仕方がない」とジョーンズ。厳しい試合となるかどうか、要注目だ。
ジェレミー・クロス記者、スター紙

『テレグラフ』紙では、デ・ヘアのインタビューを掲載。開幕戦から批判の対象となることも多かったスペイン人GKは、精神的な逞しさを身に付けつつあるようで、次のように平然と語ってのけた。
「批判されるのは当たり前のこと。それが僅かなミスであっても、あなた方マスコミには批判する権利がある。特にスポットライトがあたるGKであれば尚更。これまでは当たり前だったことだけれど、これからは自分のプレーでネガティブな記事を賞賛される内容に変化させていかないと。僕は常々、チームの練習でも1日1日成長したいと強く思っている。ただ、大事なことは、自分の能力、そしてチームの為に貢献出来ると信じること」

ユナイテッドCEOのデイヴィッド・ギルは、先日飛行機事故で36名が死亡したロシアのホッケーチーム、”ロコモティブ”に対し、お悔みのレターを送付したことを明らかにした。『デイリーメール』紙によれば、ギルは「非常にショックな出来事だ。われわれも、ミュンヘンで起こった不運な事故で多くの選手を亡くしただけに、悲しみは理解出来る」とコメントした。

ページ 1 / 2 次へ »