登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
31 October 2011 

新聞:ヴィダがシティーに警告

ヴィディッチ「シティー戦の影響は完全に消えた」
ネマニャ・ヴィディッチは、同じマンチェスターを本拠地とするシティーに対し、チームは1-6で完敗を喫する前の状態に戻ったと宣言。ダービー後、リーグカップ、そして先週末のリーグ戦(エヴァートン)で連勝、しかもクリーンシート(無失点)に抑えたことで、チーム本来の姿を取り戻したと語った。
「1-6で負けた影響が続いていないということを証明するのが重要だった。僕が思うに、エヴァートン戦ではしっかりと敗戦を引きずっていないことを示せた。チーム一丸となって守備を固められるように戻す必要があった。シティー戦では残り20分からディフェンスが崩れたから一気に失点が続いてしまったんだ。でも、あんな屈辱を味わってからすぐにカムバック出来たし、もう問題無い」
マーティン・ブラックバーン記者、サン紙

『ガーディアン』紙では、オーレ・グンナー・スールシャールが監督を務めるノルウェーのモルデが、約1世紀ぶりとなるリーグ優勝を確定させたと報道。スールシャールにとっても監督としての初優勝となった。
優勝を喜んだスールシャールは、「われわれは優勝まで100年も待った。何度か惜しいチャンスはあっただけに、本当に嬉しい」とコメントした。

そして『デイリーミラー』紙に連載されているゴシップ情報に関するコラム内では、トッテナムのハリー・レドナップ監督が、1月の移籍市場でリオ・ファーディナンドマイケル・オーウェン獲得に乗り出すのではと伝えられた。

【関連記事】
新聞:ローマがリオ獲得か?