登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
14 October 2011 

新聞:ルーニー3試合出場停止

ルーニー代表落選の可能性も
各紙の見出しには、ウェイン・ルーニーが来年開催されるEURO2012本大会開幕から3試合の出場停止という記事が掲載された。この知らせを受けたイングランド代表のファビオ・カペッロ監督は「信じられない。ショックだし失望を隠せない」とコメント。『デイリーメール』紙では更に突っ込んだ内容として、カペッロ監督がルーニーを代表から外す可能性も示唆した。フィル・ネヴィルが今回の処分についてツイッターで「冗談としか思えない」と書き込んだ内容も記事となり、イングランド・サッカー協会(FA)がUEFAに異議を申し立てる可能性もあるが、それが拒否された場合は更なるペナルティーが科される可能性があると『インディペンデント』紙では伝えた。ルーニーの代役としてダニー・ウェルベックの存在が浮上していると報じられている。今後イングランドはスペインとスウェーデンとフレンドリーマッチで対戦する為、ウェルベックの活躍次第ではカペッロ監督も決断を迫られることになるかもしれない。

ルーニーの記事で今週末からプレミアリーグが再開されることも忘れてしまいそうだが、ユナイテッドは15日(土)にアンフィールドでリヴァプールとランチタイムから試合を行う。リヴァプールオーナーのジョン・W・ヘンリーは、アレックス・ファーガソン監督をベタ褒め。「われわれはユナイテッドをかなり後方から追っている状態。開幕から素晴らしい快進撃を続けているし、才能溢れる若い選手をチームに加えることに成功した。ファーガソン監督は天才だ」とコメントした。

『デイリーメール』紙では、ユナイテッド移籍1年目のフィル・ジョーンズに関する関係者のコメントを掲載。元ブラックバーン監督のサム・アラダイスはジョーンズに”ジョン・テリー(チェルシー)”というニックネームを付けており、将来的にはCBに定着するだろうと予想している。

【関連記事】
監督はルーニーの退場にも平静