登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 October 2011 

新聞:負傷者の復帰を信じる監督

ファーギーが負傷者トリオ復帰を切望
アレックス・ファーガソン監督は代表ウィーク後のリヴァプール戦(アウェー)に向け、負傷欠場中のネマニャ・ヴィディッチクリス・スモーリングトム・クレヴァリーの復帰が間に合うことを強く望んでいる。ヴィディッチは8月下旬の開幕戦(ウェスト・ブロムウィッチ)以降欠場中。スモーリングとクレヴァリーは鼠蹊部(そけいぶ)、足をそれぞれ負傷し治療とリハビリを続けている。監督は序盤戦の鍵となるであろうアンフィールド(リヴァプールの本拠地)での一戦にヴィディッチらの力が必要と主張。試合まで実戦に相当する練習に参加出来るよう、早期回復を願っているという。
「最も重要なことは、彼等3人共に代表ウィークが終わるまでにまともな練習に参加出来るかどうかということ。それが出来ればアンフィールドで起用する目途が立つ。アウェーということもあるし、万全ではない選手や、負傷から復帰したばかりの選手を使うわけにはいかない。肉体面のコンディションが良いのは当然で、何の不安も無く試合に集中出来る選手が必要なんだ」
デイリーメール紙

同紙ではリヴァプール戦、そしてシティーとのダービーについて触れた記事を掲載すると共に、チェルシーのアンドレ・ヴィラス・ボアス監督のコメントとして、上位チームの潰し合い希望するという内容の記事を伝えた。
「次節では優勝候補2チームであるユナイテッドとリヴァプールが対戦する。その次の週にはシティーとユナイテッドのダービーだ。われわれに必要なことは確実に勝ち点を稼ぐこと。彼等が潰し合いをしてくれれば上位陣との差が埋まるからね」

各紙モンテネグロと対戦するイングランド代表メンバーについて論じる中、リオ・ファーディナンドが代表から漏れたことを大々的に報じた。

【関連記事】
監督がホーム連勝記録に満足