登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 October 2011 

新聞:スネイデル獲り加速か!?

監督がスネイデル獲得に強い関心を示す
アレックス・ファーガソン監督は、今冬の移籍市場でインテルのウェスレイ・スネイデル(MF)獲得に向け、ユナイテッドオーナーのグレイザー一家に4000万ポンド(48億7000万円)とも言われる移籍金の捻出を説得すると報じられた。ユナイテッドは先週末のマンチェスターダービーで、シティーにまさかの1-6で完敗。2シーズン連続優勝を確実なものとする補強のため、遂に監督が真剣に動き出すとみられている。
監督は今夏中にスネイデルを獲得するため奔走したが、最終的にオランダ人MFが要求してきた週給20万ポンド(約2400万円)という条件を受け入れなかった。しかしそれでもファーガソン監督はスネイデル獲得に強い関心を示しており、昨シーズン終了後に現役を引退したポール・スコールズの後継者として完璧な存在と評価している。
ジェレミー・クロス記者、デイリースター紙

『サン』紙では、バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督が、シティー戦の大敗という結果に関わらず、ユナイテッドが世界でもトップクラスのチームに変わりはないと主張したと報じた。
「私から見れば、ユナイテッドは今も世界トップクラスのチームで、パワーバランスに変化は見られない。たとえシティーに6-1で敗れたとしてもね」

そして『ガーディアン』紙では、次節(29日)で対戦するエヴァートンのルイ・サアが、敗戦後のユナイテッドを脅威に感じていると語ったという記事を掲載。元ユナイテッド所属のストライカーは、「悪い時期にユナイテッドと対戦するかもね。監督は選手達を強烈にプッシュしてくるだろうし、勝利の為に必要なことを要求してくるはずだから」と分析している。

【関連記事】
新聞:マンチーニの手腕