登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 November 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:天才サー・アレックス

ファーガソン監督の成功の秘訣
ユナイテッドのディレクターを務めるサー・ボビー・チャールトンは、間もなく監督就任から25周年を迎えるアレックス・ファーガソン監督を「天才」と形容し、これまでの功績を称えた。
チャールトンは、1986年に監督をアバディーンからユナイテッドにリクルートした中心人物で、来月70歳になろうというにも関わらず、未だに監督のフットボールに対する意欲は衰えていないと絶賛。1950、60年代には、マット・バスビー時代のスター選手として活躍したチャールトンは、「過去何度となく、彼(ファーガソン監督)が編制したチームを見て、若過ぎると批判した人間が数多くいた。しかし、彼は成功を収めた。今シーズンもトム・クレヴァリーをシーズン開幕から起用し、他にも若い選手を多く使い、チームは開幕ダッシュに成功している。アレックスの話に選手全員が耳を傾けているからね」とコメント。また何年にも渡り、常にチームをトップレベルに置くことに意欲的になっていると称賛した。現在は国内ではシティー、そして海外ではバルセロナという標的が出来たユナイテッドだが、ワールドカップ優勝経験者であるチャールトンは、「決して手綱を緩めることなく、常にユナイテッドを世界のトップチームにしたいと強く考えている」と、監督に惜しみない賛辞を送った。
デイヴィッド・マクドネル記者、ミラー紙

各紙ともに、オツェルル・ガラツィ戦前日の記者会見で監督がリオ・ファーディナンドについて「現状を受け入れて自分のスタイルを適応させていかなければ居場所はない」と語ったコメント内容が掲載された。

『デイリーメール』紙では、仮にユナイテッドがレアル・マドリーのアンヘル・ディ・マリアを獲得した場合、”思慮に欠ける行動”になると批判している。

また、多くの新聞では、今年のバロンドール受賞候補者23名の中にウェイン・ルーニーが挙げられたことを報道。イングランド出身者としては唯一の候補者で、大半がバルセロナの選手となっている。

ページ 1 / 2 次へ »