登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 November 2011 

新聞:ルーニー次節も欠場か!?

ルーニー、ニューカッスル戦も出場は微妙
ベンフィカ戦(チャンピオンズリーグ)を欠場したウェイン・ルーニーが、26日(土)のニューカッスル戦に間に合わない可能性が出てきた。
先週末のスウォンジー戦で臀部の古傷を痛めたルーニーは、大事を取ってベンフィカ戦を欠場。2-2で引き分けた試合後、マスコミはアレックス・ファーガソン監督にストライカーの現状を問いかけたが、「(ルーニーは)今日はプレーするに相応しい状態ではなかった。今後数日間で、どの程度回復するかを待つのが先決だ。当然ながらチャンスは与える。今日はコンディションが良くなかったということ」とコメントした。
ミラー紙

多くの新聞では、ユナイテッドがベンフィカ戦(2-2)の結果を掲載。最終節となるバーゼル戦は、非常にタフな一戦になると揃って伝えた。

『ガーディアン』紙ではルーニーの欠場が大きな影響を与えたと報道。それに伴い、先発したディミタール・ベルバトフは期待に沿うだけの結果を残せなかったと批判した。

また、プレミアリーグ復帰が噂されていたデイヴィッド・ベッカムが、イングランド復帰の可能性を否定。その理由として、古巣ユナイテッドと対戦する姿が想像出来ないと説明した。
「ミランに所属した時、ユナイテッドと対戦したことがあった。もう7年もプレミアリーグでプレーしていないし、非常にスペシャルなことだとは思う。でも、このタイミングでリーグのチームに移籍するのは違うかな。ユナイテッドを愛しているし、敬愛している。彼等と対戦する自分が想像出来ない」

【関連記事】
監督がルーニー重傷説を否定