登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 November 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ポスエロを獲得か

ユナイテッドはポスエロの獲得に向けポジティブに考えていると伝えられた。
ユナイテッドは今年20歳になるべティスのストライカー、アレハンドロ・ポスエロの獲得に興味を示していると『サン』紙が伝えた。セビリア出身のポスエロは450万ポンド(約5億6375万円)クラスの選手と評価されており、バルセロナとビジャレアルも注目している。ユナイテッドのスカウトはアルバロ・バディジョの活躍にも注目しており、すでに獲得に向けて動いているようだ。

同紙では他に、来年10周年を迎えるリオ・ファーディナンドの記念試合に、レアル・マドリーのスター、クリスチアーノ・ロナウドが参加するであろうと報じた。しかしイベント自体はまだ正式に確認されていない。

『デイリー・メール』紙を含む多数の新聞では、トマシュ・クシュチャクのポーランドメディアとのインタビューを掲載した。「アレックス・ファーガソン監督のことを悪く言うつもりは無い。僕のスタイルに合わなかっただけだ。ファーガソン監督とは話をして、1月のトランスファーウィンドウ前に移籍することを希望した」『シェフィールド・スター』紙は、シェフィールド・ユナイテッドのダニー・ウィルソン監督がクシュチャクへの身分照会を行うことを発表したと報じた。

多数の新聞ではアンドレアス・ペレイラが1月のトランスファー・ウィンドウで、ユナイテッドへ移籍する意向を固めたことを示唆したと報じた。PSVアイントホーフェンでプレーするまだ10代のペレイラは、ファーガソン監督から個人的にコンタクトがあったことをきっかけに、16歳になると共にユナイテッドへ移籍することを決心したとのコメントを『ガーディアン』紙が掲載。

1‐1で引き分けたリヴァプール戦で、パトリス・エヴラに対して人種差別的発言をした疑いで問題になっているルイス・スアレスが、この件について初めてコメントした。「FA(イングランドサッカー協会)はエヴラの誤解を解くべきだ。僕は差別的発言はしていないし、その証拠もないのだから。どちらが謝罪する事になるかはFAの審査の結果次第だ」

ページ 1 / 2 次へ »