登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
29 November 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ブルースが欲しがる逸材

ブルース、ファーギーに再び助けを請うか
サンダーランドのスティーヴ・ブルース監督は、チーム残留の為、再び恩師であるアレックス・ファーガソン監督に助力を求めるかもしれない。
サンダーランドは、19歳のロビー・ブラディーの獲得を検討し始めたと伝えられており、早ければ今週末から交渉を開始するのでは、とされている。ブラディーは今年7月にハル・シティーにローン移籍(半年間)し、その評価を順調に高めている。ブルース監督は、アイルランドU-21代表ウィンガーが加わることで、攻撃力に厚みが増すと考えているようだ。
サンダーランドは、今年のオフに、ユナイテッドからウェズ・ブラウンジョン・オシェイを獲得し、戦力補強に成功した。
ユナイテッドは、ハルとの契約満了後、ブラディーに新たな契約を提示する予定とも伝えられているだけに、今後の進展に注目が集まる。
サンダーランドは他にも、ガラタサライのアルベルト・リエラ(29歳)の獲得を検討しているとも伝えられている。
デイリーメール紙

同紙では、ユナイテッドがAZアルクマールに所属する、スウェーデン人MFのラスムス・エルムを、1月の移籍期間中に獲得する可能性を示唆。移籍金は1300万ポンド(約15億7000万円)とされている。

『サン』紙では、ウェイン・ルーニーが、ライアン・ギグスの功績を称え、オールド・トラッフォードに彫像を展示すべきと提案。
「ギグシー(ギグスの愛称)がチームに残した功績は素晴らしいもの。17歳でチームに加わって、21年後の今も、トップチームの一員としてプレーしているからね」

また、ネマニャ・ヴィディッチがUnited Reviewでシティーを脅威に感じていないとしたコメントも掲載された。

『デイリーエクスプレス』紙では、ユナイテッド公式HPにアップされた、監督がクリスタル・パレス戦のメンバーについて言及した記事について触れ、ポール・ポグバラヴェル・モリソンが先発出場すると予想した。

ページ 1 / 2 次へ »