登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
14 November 2011 

新聞:スコールズがキャリアアップ

ポール・スコールズにマネージメントキャリアのステップをのぼる機会が来たと伝えられた。
リザーブチームの46歳の監督、ウォーレン・ジョイスが1998年から2000年まで監督を務めていたハル・シティーに戻り、スコールズがその後を引き継ぐのではないかと伝えられている。ジョイス監督の移籍が決まれば、アレックス・ファーガソン監督はこの機会を利用しスコールズを昇格させる考えでいる為、ハルは違約金を払わずに済むのではないかと予想される。リザーブチームの指揮を執る厳しい監督の元で学んできたスコールズは、後を引き継ぎ同じレベルで期待に応えなくてはならない。オーレ・グンナー・スールシャールもノルウェーに帰る前に同じポジションに就いていた。現在はジョイス監督に注目しているハルだが、MK・ドンズのカール・ロビンソン監督にも興味を示していたようだ。
アラン・ニクソン記者、デイリー・スター紙

『ガーディアン』紙ではパトリス・エヴラとリヴァプールのルイス・スアレスの問題について掲載。FA(イングランドサッカー協会)はスアレスが人種差別発言をしたことをエヴラが証明できない可能性があると伝えた。スアレスはエヴラに対し人種差別発言をしたことをきっぱりと否定しており、英語では侮辱的な言葉であっても、ウルグアイやその他のスペイン語圏では一般的に使われている言葉があるという背景をFAの調査員は考慮しているようだ。

【関連記事】
新聞:ペレが語るトップ選手の条件