登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
30 May 2011 

新聞:ヤング獲得で出されるのは?

ヤング獲得でベルバトフ放出か !?

ユナイテッドが、近日中にアストン・ヴィラのアシュリー・ヤング(MF)と1500万ポンド(約19億9千万円)で契約すると報じられた。この報道が事実となれば、チャンピオンズリーグ決勝のメンバーから外されたディミタール・ベルバトフの退団の可能性が高まるとみられている。アレックス・ファーガソン監督は、契約満了となったマイケル・オーウェンポール・スコールズと今週中に会談を持つとみられ、チームとの再契約を慰留するとされている。
今年1月にもヤングを獲得しようとし失敗したユナイテッドだったが、リヴァプールがヤング獲得に失敗したことを受け、契約締結に自信を深めているようだ。ヤングもチームとの契約を満了し、既に契約延長しないことを明言。移籍金が発生しないフリートランスファーという立場のため、ユナイテッドも格安で獲得することが可能となった。
マーク・オグデン記者、テレグラフ紙

各紙共に28日のチャンピオンズリーグ決勝の様子を伝えたが、『サン』紙では、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたリオネル・メッシが現役である間は、ユナイテッドは欧州2位にしかなれないのではとの見解を示した。
また、ファーガソン監督は指導者として素晴らしい実績を持っているものの、メッシが現役を引退する頃には80歳を超える年齢に達している可能性が高いため、相当なフラストレーションを溜め込んでいるに違いないと伝えられた。

【関連記事】
新聞:デ・ヘア獲得間近か!?