登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 May 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ウィルシャーの助言

ウィルシャー「バルサのズルさに気をつけるべき」
アーセナル主力のジャック・ウィルシャーが、週末にバルセロナと対戦するユナイテッドに対し、ダーティーなプレーに気をつけるようアドバイスしたと報じられた。
ウィルシャーはバルサの実力を世界ナンバー1と形容しながらも、ダーティーなプレーに関しても抜け目がないと語っている。今週はじめにネマニャ・ヴィディッチも指摘したことだが、19歳のウィルシャーは、特にセルヒオ・ブスケに要注意するよう呼びかけた。
「特に厄介なのは、レフェリーの判定が彼等寄りになってしまうこと。僕らが彼等と対戦した際(チャンピオンズリーグ)は、ブスケが一番ダーティーな選手だった。レアル・マドリーとの準決勝第1戦でも、接触した際に過剰な反応を示していたしね。ただ、レフェリーがバルサ(バルセロナの愛称)よりになっていることは間違いない。それが一番の問題」
ブライアン・ウールナフ、デイリースター紙

『ミラー』紙では、エドウィン・ファン・デル・サールが主将のヴィディッチと共に優勝トロフィーを掲げることになるだろうと予想。また、イングランド史上最大の試合になるだろうとも伝えた。

『タイム』紙では、リオ・ファーディナンドはiPadでリオネル・メッシの足さばきを研究すべきという記事を掲載。『ガーディアン』紙では、バルサ戦はウェイン・ルーニーがフットボール史に名前を刻む絶好のチャンスとし、バルサからアップセットをやってのけられる数少ない選手として紹介された。

週末の決勝以外の話題では、元ユナイテッドのディエゴ・フォルランが、近々契約成立とみられるアトレティコ・マドリーGKのダビド・デ・ヘアに対し、ユナイテッドに移籍するよう強く薦めていると、『サン』紙が報じている。
「1人の選手として、ユナイテッドは経験しておいた方が良いチーム。彼(デ・ヘア)とは移籍に関して何度も話をした。ファーガソン監督はレジェンドで、チームスタッフの対応も素晴らしい。それに、ファンは常に選手を温かくサポートしてくれるから」

ページ 1 / 2 次へ »