登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 May 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロナウドが復帰希望!?

ファーギー「ロンに戻ってきてもらいたい」
アレックス・ファーガソン監督が、ユナイテッドを退団したクリスチアーノ・ロナウドに対し、いつでも復帰を歓迎するとコメントしていることがわかった。
ファーガソン監督は、親交のある、2006年にイタリア代表をワールドカップ優勝に導いたマルチェロ・リッピにロナウドの復帰を求めていることを打ち明けたという。
ロナウドは2009年に8000万ポンド(約106億円)という破格の移籍金で、ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍。リッピは取材に対し、「アレックスは、出来ることなら明日にでもロナウドを取り戻したいと考えているようだ。私も彼と同意見だが、ロナウドはウィングでも起用出来るし、何よりも常に点が取れるストライカーだ」とコメント。
ロナウドは今シーズンのリーガ・エスパニョーラで大活躍をみせ、40得点を挙げ、チームの得点記録を51年ぶりに更新した。しかし、ジョゼ・モウリーニョ監督との関係があまり良くないという噂もあり、ファーガソン監督、そしてオールド・トラッフォードでのプレーを恋しく思っているという情報もある。
ニール・カスティス記者、サン紙

ロナウド復帰という報道もある中、マドリーのライバルであるバルセロナのダビド・ビージャは、ユナイテッドはロナウドが抜けたことで更に強いチームになったとコメント。
「ロナウドが抜けたことでチーム全体が解放されたと思う。それに、あのチームは選手の入れ替えを頻繁に行うことで、こんなに長い間トップレベルで競えている」
『テレグラフ』紙では、ダニエウ・アウヴェスが「ユナイテッドはロナウドが抜けて予測不能なチームになった。今のチームの方が、よりバランスが取れていて、2年前よりも強いチームだと思う」と語ったと報じた。

また『デイリー・メール』紙では、ユナイテッドがリヴァプールとの競合を制し、1500万ポンド(約19億9千万円)でアストン・ヴィラのアシュリー・ヤングを獲得すると伝えた。ヤングは今シーズン終了後に契約満了となる。

ページ 1 / 2 次へ »