登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
18 May 2011 

新聞:シティーがロナウド獲得!?

シティーが史上最高額の移籍金をオファー !?
ユナイテッドのライバルであるシティーが、史上最高額の移籍金を支払ってまで、クリスチアーノ・ロナウドの獲得に乗り出す可能性が浮上した。
ロベルト・マンチーニ監督率いるチームは、先週、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得。チャンピオンズリーグ優勝を現実のものとするため、ポルトガル人MFの獲得を強く希望していると伝えられている。
26歳のロナウドには、2009年にユナイテッドからレアル・マドリーに移籍した際、史上最高額となる8000万ポンド(約105億円)という移籍金が発生。マドリーと6年およそ1億ポンド(約130億円)という破格の待遇で移籍を果たした。
今シーズンのロナウドは、あと1試合を残しリーグ最多記録となる38ゴールを記録。マドリーはロナウドの移籍を阻止するため、10億ドル(約811億円)という超高額のバイアウト条項を契約に盛り込んでいる。
マンチーニ監督は、先週FAカップ優勝を決めた後、チームを次のステップに導いてくれる、チャンピオンズリーグで経験豊富な選手の獲得を希望しているとコメント。現在エースストライカーのカルロス・テベスが今シーズン終了後に退団することが濃厚となっているため、その後釜としてもロナウド獲得を希望していると伝えられた。
ニール・マクレーマン記者、ミラー紙

同じく『ミラー』紙のオリヴァー・ホルト記者は、掲載されたコラムの中で、今シーズン限りで現役を引退するガリー・ネヴィルが、24日(火)に行われるユヴェントスとの親善試合で、多くのファンから惜しみない拍手で見送られるだろうと伝え、これまでの功績を称えた。

また、『マンチェスター・イブニングニュース』では、FAカップを優勝したシティーが、名物となった「35年間タイトル無し」というバナーを、ナショナルフットボールミュージアムに展示することを伝えた。

【関連記事】
新聞:シティーと獲得競争