登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 May 2011 

新聞:チェルシーが監督を更迭

解任が決まったのは 5 8 日午後 4 11
カルロ・アンチェロッティ監督の運命が決まったのは、今月8日のユナイテッド戦(オールド・トラッフォード)終了後のことだった。優勝をかけた大一番、キックオフから僅か37秒後にハビエル・エルナンデスに先制点を許し、結果2-1でユナイテッドが勝利。チェルシーが今シーズンの優勝を逃した時点で、豪腕オーナーとして知られるロマン・アブラモヴィッチの堪忍袋の緒は既に切れていたのだろう。今回の更迭により、チェルシーはここ8年で7人目となる監督をスタンフォード・ブリッジに招聘することになった。
失意のアンチェロッティ監督の解任が発表されたのは、エヴァートンに1-0で敗れた直後のことで、避けられないことは明白だった。
監督はユナイテッドに敗れて以降、覇気を失ったようだったとされ、『サンスポーツ』紙では、命運を分けた試合前日から解任を予想していた。
ロブ・ビーズリー記者、サン紙

『サン』紙では、ユナイテッドのオーウェン・ハーグリーヴスの退団を伝え、『ミラー』紙でも同様のニュースを、ピッチ上で家族と共に優勝を喜ぶハーグリーヴスの写真と共に掲載した。

また『デイリーメール』紙では、ユナイテッドが1968年にチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)を優勝した当時のメンバー(存命者)を、週末ウェンブリーで行われるバルセロナとの決勝に招待すると報じた。

【関連記事】
監督「今回の優勝は特別」