登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 May 2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ファーガソン監督に称賛の声

監督が名将である理由
ペーター・シュマイケル
がユナイテッドの一員として3冠を達成した1999年から長い月日が過ぎた。しかし、彼はアレックス・ファーガソン監督が未だに世界最高の監督であると語る。3冠達成から12年が経った今シーズン、ユナイテッドはプレミアリーグのタイトルをほぼ手中にし、チャンピオンズリーグも決勝に進出して2冠に手をかけている。シュマイケルはファーガソン監督の特筆すべき手腕の1つに、選手起用の巧みさを挙げている。たとえば3冠達成時にはドワイト・ヨークの起用法が絶妙であったと語り、現在のチームではハビエル・エルナンデスが同じ役目を果たしているという。「世界最高の指揮官はファーガソン監督だ。新しい戦力を上手に適用させてチーム力を高めることに長けている。私たちが3冠を達成したシーズンは、長年かけて作ったチームが全てを勝ち取る力を持っていると信じさせてくれた。だからこそどんな相手にも、臆することなく戦えた。力のあるチームが自分たちを信じられれば、どんなことだって可能さ。そして実際にあのチームは、成功を手にしたんだ」
 
デイヴィッド・アンダーソン記者、デイリー・ミラー紙

『デイリー・メール』紙もユナイテッドOBのスティーヴ・ブルース監督がファーガソン監督を称えている言葉を掲載。「史上最高の監督だ。同じような成功を成し遂げる人物が現れるとは思えないね」。同紙はまた、ファーガソン監督が1986年にユナイテッドと契約する以前、アーセナルの指揮官に就任する可能性もあったと伝えた。

『メール』紙はさらに、ユナイテッドが狙っているとされるアストン・ヴィラのアシュリー・ヤングとの契約をリヴァプールも目指していると報じた。

Round Up By Gemma Thompson

ページ 1 / 2 次へ »